Pierre Guariche | Tulip Chair

ルミ鋳造のシェルが特徴的な椅子「チューリップチェア」。一見、無骨でエッジの効いたデザインですが、どこかフェミニンな雰囲気も醸しているところがフランスデザインの面白いところ。
デザイナーのピエール・ガーリッシュは、コルビジェ建築のインテリアを担当していたフランスデザイン界の巨匠。近年、ガーリッシュのプロダクトは人気が高騰しており、あまり数も出回らなくなってきています。本来はアルミは構造体であり、表面をファブリックで覆っているものなのですが、それを剥ぎ取ることで新たな魅力を発掘されるなんて、ガーリッシュ自身は予想していたのでしょうか?



Country

フランス

Manufacturer

シュタイナー

Design

ピエール・ガーリッシュ(1954)

Size

W460 D530 H690 SH440mm

Delivery cost

C ランク

Stock

SOLD

Price

¥-(税込)

Condition

ヴィンテージ:カケや塗装の剥げなどもなく良好です。


※ご購入前には必ずBuying Guideをご確認下さい。
※配送料金はDelivery Chargeから該当するランクの料金をご確認下さい。